てんてこ舞いBlog

大学生です。「役に立つ!」をモットーに生活を豊かにするための情報を発信します。

バイクと衝突事故を起こしたあとの流れ〜病院治療まで〜

自転車に乗っていたらバイクと衝突した

 

交通事故のイメージ図

こんばんは。テンです。

 

今年の1月ですかね。

 

僕が自転車に乗っていたらバイクと出会い頭の衝突事故を起こしてしまいました。

 

ですが僕はこういう事故を起こしたことがなかったのでその後の流れが分かりませんでした。

 

示談金とか名前だけ聞いたことがあるだけで。

 

皆さん保険屋さんとのやり取りとかどうすればいいか分かりますか?

 

僕と同じように分からない人もいると思うので記しておきます。

 

皆さんも万が一のためにも参考にしてください。

 

*全部書こうとしたんですが長くなったので示談金交渉の直前まで今回は書くことにします。

 

目次

 

出会い頭の事故

 

まずどんな事故かというと十字路で文字通り十の下側から上に僕が自転車で、そして左から右に向かってバイクが直進していました。

 

そして見通しも悪かったため出会い頭にぶつかってしまったというシンプルな事故です。

 

まず言えることはかなり痛かったです!笑

 

子指が腫れ上がりました。

 

お互いが吹っ飛んだあと誰かが救急車と警察を呼んでくれました。

 

一応僕が横切ろうとしたところに横断歩道があり、バイクの一時停止線のようなもの(厳密には一時停止線ではなかったようです)もあったので、

事故を見てた人が電話番号を渡してくれて「なにかあったら証言したるから電話しいや!」と言ってくれました。

 

この世にはすごく優しい人もいるものです。

結局お世話にはならなかったんですが。

 

そして警察と救急車が来ました。

 

ここでまず1個目の注意点!

 

どんな些細な事故でもその時に警察は必ず呼びましょう!

警察を呼ばないと後々後遺症などが出てもお金などが出ないことが多いです。

 

救急車も呼んでおいた方がいいでしょう。

これは全く怪我などがなければ呼ばなくてもいいかもしれません。

 

そしてさらっと警察に事情聴取を受けて僕は動けなかったのでとりあえず救急車で病院まで運ばれました。

バイクの方はほとんど無傷で大丈夫そうでした。

 

それが3時ぐらいの出来事です。

 

ちなみに自転車のハンドルが曲がりました。

これは後で保証してもらうことになります。

 

とりあえず病院で見てもらった

 

それから病院で見てもらいました。

至る所が痛かったんですけど、おそらく致命傷ではないかなとは思ってました。

 

一番痛かった小指も腫れがだいぶ治ってましたし。

 

なのでレントゲンやらなんやらを取って無事に終わりました。

 

しかし日曜だったので診断書を書いてもらうことはできず、後日取りに行くことに…。

 

診断書を警察に提出しないと物損事故(人に害は与えず物だけが破損した事故)扱いになってしまい保険からお金が出ないことがあるからです。

 

しかしこの小指の痛みは一か月くらい消えず、しかも病院に行かなかったことを後々後悔することに…。

結果的に治ったからいいんですけど。

 

治療が終わった後

 

治療が終わった後タクシーで地元まで帰りました。

 

そして警察の担当者に連絡すると事故現場にみんな集合という流れになりました。

 

そこで事故に関する詳しいことを僕とバイク運転手から聞いてやっとその日は終わりました。

 

バイクと自転車ではやはりほとんどの場合バイクが加害者となるようです。

まぁ信号に間に合おうとしてスピードも下げてなかったですしね。

 

とりあえずここで事故当日の話は終わりです。

 

この事故は下の記事のようなことを考えるようになったきっかけでもあります。

 

www.tentecomai.com

 

 

この後、示談金やら慰謝料交渉に入っていきます。

これがめんどくさかったんですよ…

 

その話はまた後日書きます。

 

ありがとうございました^^