てんてこ舞いBlog

大学生です。「役に立つ!」をモットーに生活を豊かにするための情報を発信します。

無料で使える自動家計簿アプリMoney Forward(マネーフォワード) 。現金でもカードでもお金を簡単に管理できるオススメアプリ!無駄遣いをやめよう!

マネーフォワードのロゴマーク

 

こんばんは。テンです。

 

皆さん、家計簿って付けてますか?

付けている人はどうやって付けていますか?

現金派の人はレシートを集めて計算?

それとも大体の肌感覚で食費などを計算してたりしますか?

何にどれぐらい使ったかちゃんと把握できてますか?

 

僕は何もしていません。

家計簿アプリを入れているだけです。

ただし、現金は極力使わず、クレジットカードでほとんど決済します。

 

節約するためには数字をしっかりとみることが必要です。

フワッと節約しても絶対に上手くいかないのは明確ですよね。

何に使ったかよく分からないけどお金が減ってるということがなくなります。

そうするとクレジットカードの「使いすぎてしまうからこわい」というのがなくなりますよね。

 

大学生の僕でもこのアプリを入れてお金の運用が改善されたと思っています。(コンビニの無駄遣いが予想以上に多すぎた)

 

クレジットカードをメインで使う人はオススメですし、レシートを撮影して記帳も簡単にできるので現金派の人もぜひ。

 

マネーフォワード公式サイトはこちら

Money Forward公式ページ

 

 

 

簡単な使い方

 

マネーフォワードは基本無料で、プレミアム会員になると月額480円です(1ヶ月無料)。

有料版だと登録口座が11個以上登録ができたり、株や資産のグラフ化をしてくれたりします。

僕は今のところ無料版で全然使えてます。有料版にするかは検討中。

 

使い方は簡単に言うと銀行、クレジットカードなどとマネーフォワードを連動させておけば全ての決済、入出金が自動で記帳してくれるアプリです。(株などにも対応)

 

あとはApple PayでSuicaを登録しておくと、交通費も自動で記帳してくれます。

 www.tentecomai.com

 

 

例えば、銀行、クレジットカードを登録しておきます。

 

すると銀行に入出金をすると自動で記録してくれるし、クレジットカードを使えばどこで何を何円で買ったかを自動で記録してくれます。

 

登録銀行、クレジットカード

銀行を登録する
クレジットカードを登録する

 

 

入出金記録

入出金記録

 

そして、設定した期間内(1日〜30日や16日〜15日など自分で決めれる)でどれぐらい収入と支出があるかを計算してくれます。

 

収支記録

収支記録

 

これで家計が何にどれぐらいの金額を使っているかが簡単に分かります。

 

登録した口座の残高は基本的に自動で更新してくれます。

 

現金を使っても簡単に記帳できる

 

完全に現金しか使わないという人には少し相性が悪いのですが、クレジットカードをメインに使っていても現金を使わなければいけない時ってありますよね。

 

そういう時のためにMy walletという架空の口座(自分の財布のようなもの)を登録します。

このマイウォレットの金額は自分の財布の持ち金と等しくなるように設定します。

 

My Wallet 

MyWallet

 

例えば

  • My wallet 8000円
  • メインバンク 5000円

を登録しているとしましょうか。

 

ケース1)メインバンクから1000円引き出した場合

  • My wallet 9000円
  • メインバンク 4000円

と記録されます。

振替扱いになるんですね。振替にしないこともできます。

 

ケース2)現金で1000円使った場合

My wallet 8000円を残高を編集して7000円とします。

すると支出1000円と入出金記録に登録してくれます。

 

このように現金を使っても何に使ったかを忘れてしまってもプラスマイナスはしっかりと記帳してくれます。

 

僕はこの機能にはとても助かってます。

 

レシートをとっておくならMy walletを使わなくても大丈夫ですけどね。

詳細は下に↓

 

現金派の人はレシートを撮影して記帳もできる

 

レシートを撮影して現金派の人は簡単に家計簿をつけることもできます。

 

下のようににレシートを撮影すると

日付、品目、使った場所、金額を自動で記帳できます。

阪大の近くのローソンでメロンパンを買いました。

 

レシートを撮影
レシートの情報を記帳

 

便利ですね。

 

でもレシートって財布が汚くなるからやっぱり現金は色々デメリットが大きいと思う。

 

ともかく現金を使う人にもオススメ。

 

セキュリティ面は?

 

マネーフォワードでは、ご利用明細を表示するのに必要なWebサイトのログインID、ログインパスワードのみお預かりします。 

 

振込時に必要な乱数表、ワンタイムパスワード、カード番号等は一切お預かりしません。

 〈上記公式ページ引用〉

 

つまり、ゆうちょダイレクトなどの残高照会サイトにログインするID、パスワードは必要になります。

 

しかし、ゆうちょダイレクトでもSMBCでも何でもいいんですが、振込をネットで行うためにはもう一つ別のパスワードやワンタイムパスワード(一回限りで自動生成されるパスワード)が必要になるはずです。

そのパスワードはマネーフォワードに入力しないので最悪情報が漏れたとしても残高がもれるぐらいでしょう。

 

しかし、マネーフォワードのログインパスワードが他のセキュリティパスの使い回しなら1つ漏れるだけで将棋倒しのようになるかもしれません。パスワード管理はしっかりとしましょうね。

 

www.tentecomai.com

 

 

また、マネーフォワードを開くときにも指紋認証や、パスワードをかけてロックすることもできます。

 

マネーマネジメントはとても楽、かつ正確に記録してくれるのでめちゃくちゃ便利です。無料です。

 

オススメです。

 

ではでは。

最後まで見ていただきありがとうございます(^-^)v

読者登録、はてなブックマークもぜひ〜(^^)/~~~

Google Play で手に入れよう