てんてこ舞いBlog

大学生です。メインコンセプトは「役に立つ」と「思想と知識のアウトプット」

ワイヤレスイヤホンM-SOUNDSのMS-TW2を買ったのでレビュー!

スポンサーリンク

ワイヤレスイヤホンってどうなのかなぁ?

と気になる人は多いと思います。

 

そこで先日、Amazon music unlimitedを利用し始めまして。

 

今まではずっとWALKMAN、しかもBluetoothに対応していない機種を使っていたんですが、スマホで音楽を聴いていたらなかなかいいな、と。

 

そうなるとワイヤレスイヤホンが欲しくなったわけですよ。

 

そこで最近、有線からワイヤレスにイヤホンを変えました。

今日はとりあえず買った商品のレビュー記事ということで。

 

全般的なワイヤレスイヤホンのメリット、デメリットはまた別記事でまとめようかなと思っています。

 

追記

記事投稿しました!

www.tentecomai.com

 

 

 

M-SOUNDS 完全ワイヤレス BluetoothイヤホンMSC M-SOUNDS MS-TW2の性能

 

見出しの通り先日、M-SOUNDSというメーカーのMS-TW2というタイプのものを購入しました。

 

位置的にはMS-TW1の上位モデルということらしい。

 

まずはこの商品を軽く紹介したいと思います。

 

パッケージはこんな感じ。

ワイヤレスイヤホンMS-TW2のパッケージ

MS-TW2の全体的な特徴

 

実物はこんな感じ。

大きさ伝わりますかね。

MS-TW2をおいた写真
MS-TW2を持った写真

 

特徴としては

  • Bluetooth5.0対応
  • イヤホンについているボタンで曲操作可能
  • 防水レベルIPX4(生活防水程度。主に防汗)
  • 稼働時間は3時間程度、ケースである充電器込みで15〜18時間

 

ざっとこんな感じです。

 

下位タイプのTW1と比べると

  • Bluetooth4.2から5.0に
  • ケース小型化
  • 稼働時間増(具体的にはイヤホン単体で2.5時間→3時間。充電器(ケース)込みだと7.5時間→18時間)
  • 音質向上

 

こういう進化があるらしい。

Bluetooth5.0の部分は通信速度が速くなり、範囲も広くなるよーということみたい。

 

値段(Amazon)は約7400円から

8200円(ブラック)、1万円(その他色)

という値上がりになっている。

 

僕は正直それほど値段が高くなっているように思わなかったのでTW2を購入した次第です。

 

MS-TW2の使用感

 

では実際に使用感をレポートしていきたいと思います。

 

僕自身ワイヤレスイヤホンを使ったのは初めてだったので、色々分かったことがありました。

 

MS-TW2の音質

 

さてまずは音質から。

 

僕はソニーの6千円ほどの有線イヤホンを愛用してました。

 

それと比べると若干劣るかな?といった感じ。

 

しかし3千円ほどの安いイヤホンほど悪くは感じません。

というかあんまり分からないかも。

 

音質は有線イヤホン5000円レベルと思ってくれたらいいかと。

 

MS-TW2の装着感

 

次に装着感。

 

ワイヤレスイヤホンは色んな価格帯があって、5000円ほどのもあれば

こんな感じで店頭に並んでいました。

 

僕は予算を1万円と決めていて、防水や通話機能なども欲しかったのでエレコムかM-SOUNDSに絞りました。

 

で、あとは装着感。

実際に付けさせてもらいました。

 

耳の形は個人差があると思いますが

エレコムのイヤホンは少々大きく耳に合いませんでした。

なのでM-SOUNDSに決めました。ソニーイヤホンの装着感に近かった。

 

結論

エレコムは大きめ、M-SOUNDSは小さめ

 

これは店頭に行って試着させてもらうのがいいと思います。

ですが、実際の店舗よりもAmazonの方が安いかも。

 

曲のボタン操作

 

左右一つずつイヤホンにボタンが付いており

そのボタンでどこまで曲の操作ができるか、ですが。

 

次の曲、前の曲、音量上げ下げ。

着信の受け取り、電話の切断。

 

この辺はできます。

Siriも使えますね。

 

説明書はこんな感じ。

MS-TW2の曲操作説明書

 

実際についてるボタンは1つなんですが、

左右のボタン、2度押し、長押しも使って多機能が使えるようになってます。

 

通話機能

 

通話機能はiPhoneの純正イヤホンのような口の近くではなく、

どうしても耳にマイクが付く形になるので少し大きめの声で話さないと届かないかなー

という感じです。

 

そこは有線に劣りますかね。

でも首にコードをかけるタイプのワイヤレスイヤホンなら通話は多分問題なし。

 

全体的な使い勝手 まとめ

 

ではまとめに入ります。

 

MS-TW2の気になるところ

  • なくさないか不安
  • 通話の場合は小さい声では届きにくい
  • 親戚のBluetooth対応WALKMANだとポケットに入れただけでプツプツ切れて使い物にならなかった

これぐらいですかね。

 

WALKMANの部分については機種自体が古いタイプだからなのか、それとも故障なのかは分かりません。

 

スマホで聞く分には特に気になるところはない。

満足してます。

プツプツ切れることも全くないです。

 

ではMS-TW2の良いところ

  • ケースから取り出したら自動でスマホと繋がる
  • 音質も合格点レベル
  • 1万円を切る
  • 毎晩充電してたら電池切れの心配はないと思う
  • コードがないのでしまう時に楽だし絡まない
  • コードのスレによるノイズがない

 

こんなところでしょうか。

買ってみて結構良かったと思います。

イヤホンの線が絡まりやすいので、絡まない方法の記事も書いたぐらいですし、楽になりました(笑)

www.tentecomai.com

 

締めとしてはM-SOUNDSのMS-TW2はオススメ商品!ということになります。

 

ではでは、ワイヤレスイヤホンの購入を検討している人に少しでも参考になればと思います。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました(´∀`)